夜間の鮮明な映像の録画は難しいでしょうか?

夜間の映像の映り方は、カメラやLEDの種類によっても異なります。以下をご参照ください。

【赤外線搭載カメラ】
赤外線LEDの搭載数により見え方が異なりますのが、赤外線照射時は映像が白黒で映し出されるため、日中の日当たりの良い環境下と比べると映りが悪くなります。また、赤外線搭載数に照射距離が異なります。赤外線LEDの個数が多ければ多いほど、映像が明るく表示されます。
※しかし、赤外線LEDの数が多ければ多いほど良いというものではございません。カメラと物体までの距離が近い場合、赤外線LEDが必要以上に搭載されていると、逆に反射してしまい物体が光で白抜けしてしまう場合がございます。
また、カメラの前にアクリル板やガラス越しで物体を撮影する場合は赤外線LEDの個数に関係なく、映像が白飛びしてしまう可能性がございます。赤外線を使用する場合は、カメラ前に反射するものが無いかを確認して設置する必要があります。(反射コーティングされている看板や標識なども白飛びする場合がございます)

【ホワイトLED搭載カメラ】(防犯灯カメラ)
ホワイトLED搭載カメラ(防犯灯カメラ)は、赤外線ではなく、白色のLEDを照射することにより、夜間や暗い場所でもカラーで映像を映すことができるのが特徴です。こちらもホワイトLEDの数により照射距離や場所の明るさが異なり、それにより映像の見え方も異なります。
監視する場所の広さや環境により異なりますが、通常のホワイトLEDが搭載されているカメラで見える距離は夜間時でおおよそ5mほどです。ホワイトLEDも赤外線と同様にカメラ前にアクリル板・ガラス越しに撮影すると映像が白飛びする可能性があるので、そういう場所でのご使用は避けてください。

【スターライトカメラ】(低照度カメラ)
このカメラは名前の通り「スターライト」星のようなごくわずかな光がある場所であれば映像を明るく映すことのできるカメラです。カメラの映像内に少しの光(街頭やネオンなど)があれば、このカメラをご使用いただけます。(少しの明かりが必要な為、真っ暗闇な場所ではご使用いただけません。)
以下の写真をご覧ください。

↑画像のように少しの街頭や明るさがある場所で、全体の映像を明るく映し出すことができるカメラが低照度カメラです。

【ハイブリッドLEDカメラ】
ハイブリッド型は、(赤外線LED+ホワイトLED)や(赤外線LED+低照度カメラ)などLEDを組み合わせることによって、自動で映像の鮮明さを調節してくれるカメラになります。設定で(赤外線のみやホワイトLED照射のみ)に切り替えすることが可能なモデルもあります。

このヘルプはお役に立ちましたか?

関連するよくある質問